仙台で活動してるDMプレイヤーです
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

どうやらごっつぁんは3色っぽいので昨日紹介したごっつぁんシータは消滅してしまいましたww


昨日紹介した赤青緑のMロマはかなりいい感じでやはり2⇒3⇒4でブースト、カトラス、チャブルチャブルはかなり強力だった。

後別にこのながれじゃなくてもグリーンレッドホールが火焔をアンタップキラーに出来るのもかなり強かった。

このグリーンレッドホールは使ってみると予想以上に強すぎて、別に化身やMを経由しなくてもビートとしてかなり強い動きが出来るから今後この手のビートも警戒しておく必要がありそう。

vaultで赤青緑を使って回した時のログです

http://dmvault.ath.cx/vs1206423.html

http://dmvault.ath.cx/vs1205412.html

全体的に勝率は高く負ける試合はブーストもアナライザーも出せずに4ターンスタートとかなので化身を1枚ブーストに変えたほうがいいかもしれない。

後回してると新弾の火のベリー、こいつが欲しい試合が多かった

【横綱 義留の富士(よこづな ギルのふじ)】 2a/54
サイキック・クリーチャー
フレイム・コマンド/エイリアン
火文明・コスト8
パワー7000
■このクリーチャーがバトルに勝った時、このクリーチャーをアンタップしてもよい。
■W・ブレイカー




んで話変わってvaultでは新弾のデッキをいろいろ調整してて最近リアルでは主に黒単を愛用してます。

なんかそもそも黒単を使うようになったのはドロマ調整⇒青黒調整⇒で調整の結果黒単になったんだよねww

多分ね調整していくとわかるこの感じww

最初ドロマは今の環境いらないカードが多すぎて隙がでかいし光はドラとハヤブサしか使わないしMに弱い、なら青黒のハンデス特化にしてトリガーを大目に詰んでM対策をしよう、んでいざ回してみるとNがはいってるデッキにもどのデッキにもハンデスが超強くて勝率がかなり高かったが結局のところMロマ相手にドローが隙を突かせてしまう要因になってしまって思うように勝てない。

んで結局ドローも抜くかと言っていきついた先が黒単。

やはりハンデスに隙がなくトリガーもかなり多いからMロマには8割以上は取れるようになりその他のデッキにも青黒やドロマの時以上に勝率が取れこれは上手い事環境読みがヒットして自分ではなかなか満足ww

ただ黒単はドローが入ってない分プレイングがかなり難しいんだよね。



黒単のプレイングの考察をさらりとします

前にも紹介しましたが一応レシピ乗せときます

『黒単(ラスト特化)』
黒単(ラスト特化)
4 x 特攻人形ジェニー
4 x ゴースト・タッチ
4 x 威牙忍クロカゲ
2 x 停滞の影タイム・トリッパー
2 x 汽車男
1 x ギガバルザ
2 x 威牙忍ヤミノザンジ
4 x ヤミノサザン
4 x 超次元ミカド・ホール
4 x 超次元リバイヴ・ホール
4 x 超次元バイス・ホール
2 x ガンヴィート・ツイスト
3 x デーモン・ハンド

1 x 時空の喧嘩屋キル/巨人の覚醒者セツダン
2 x 時空の英雄アンタッチャブル/変幻の覚醒者アンタッチャブル・パワード
1 x 時空の戦猫シンカイヤヌス/時空の戦猫ヤヌスグレンオー
1 x 時空の凶兵ブラック・ガンヴィート/凶刃の覚醒者ダークネス・ガンヴィート
1 x 時空の賢者ランブル/恐気の覚醒者ランブル・レクター
1 x 超時空ストームG(ゲンジ)・XX(ダブルクロス)/超覚醒ラスト・ストームXX(ダブルクロス)
1 x 時空の封殺ディアスZ(ゼータ)/殲滅の覚醒者ディアボロスZ(ゼータ)


基本的は大体の相手にはハンデスの連打をしていきます

もし初手がタッチ、タッチ、クロカゲならタッチ⇒クロカゲ⇒タッチの順で動くと相手のいい札を落とせる可能性があがります。

もしハンデスがさほどなくトリッパーからしか動けない時は無理に2ターン目にハンデスする必要はありません。

相手がMロマやビートならバスバス打ち込んで大丈夫です。

基本的には2⇒3⇒4で動いたら次はホールが大体の確率で打てますが基本的にこっちはそのころハンドがないのでバイスホールは置いてミカド、リバイヴを優先にしてください。

このデッキはバイスホールは基本的にトップでしか打てないのでバイスを狙って動くと隙が出来てしまうからもったいないですね。

リバイブかミカドまで繋いだら基本的にはランブルから動くと強いです。相手がドロマやMの場合はディアスのが理想です。

後このデッキはドロソがないので5、6マナあれば戦うには十分なので5ホールまで繋がったら次から引くカードはマナに置かずに常時ハンドキープをして状況に合わせて動いて行って下さい。

相手がドロマもしくはバイス圏内に入ってしまった場合は6マナになるまでマナに置いたほうが無難です。

後相手がNが入ってる系統にデッキの場合はNが出る前にリバイヴでチャブルチャブルを出せばNの返しにバイスホールが来れば逆に試合を有利な方向に進ませる事が出来ます。

基本的にNは変なタイミングじゃない限りは大丈夫です。


基本的なプレイはこんな感じ。説明だったからですます口調で話してましたww

ただドロマや青黒相手はプレイングがかなり難しく一手間違えたらゲームオーバーなのでここは回してなれるが吉。

一つ言えるのはドロマ、青黒相手には序盤ハンデス打ったら負けます。

これを見て黒単使用者が増えたらいいなww

環境的にはかなり適したデッキなので。
スポンサーサイト

[2011/09/16 21:58] | デッキリスト
トラックバック:(0) |


アチーバー
umebaさんの黒単、とても強くて楽しいデッキでした!
質問なんですが、ドロマーや青黒をもう少し見るには、どこをどう弄ればいいと思いますか?なかなか難しくて…


UMEBA
>アチーバさん

それは嬉しいですねぇ(^^)ありがとうございます。
自分が今日回してみた感じではドロマよりも若干青黒がきつかったです。

ビート体制は黒単はかなり取れてるのでサザンやガンビートツイストなどを減らしてカイカイを入れてみるのも強いと思います。

後は次元チャブルを1枚カトラスにしても大分違ってくると思います。

ただ恐らく直接的に刺さるのはカイカイだと思うのでカイカイはお勧めです。


アチーバー
ありがとうございます。

コメント:を閉じる▲
コメント:
この記事へのコメント:
umebaさんの黒単、とても強くて楽しいデッキでした!
質問なんですが、ドロマーや青黒をもう少し見るには、どこをどう弄ればいいと思いますか?なかなか難しくて…
2011/09/17(Sat) 09:45 | URL  | アチーバー #dR75UMqQ[ 編集]
>アチーバさん

それは嬉しいですねぇ(^^)ありがとうございます。
自分が今日回してみた感じではドロマよりも若干青黒がきつかったです。

ビート体制は黒単はかなり取れてるのでサザンやガンビートツイストなどを減らしてカイカイを入れてみるのも強いと思います。

後は次元チャブルを1枚カトラスにしても大分違ってくると思います。

ただ恐らく直接的に刺さるのはカイカイだと思うのでカイカイはお勧めです。
2011/09/18(Sun) 00:47 | URL  | UMEBA #-[ 編集]
ありがとうございます。
2011/09/18(Sun) 08:17 | URL  | アチーバー #-[ 編集]
コメント:を投稿
URL:

パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック:
この記事のトラックバック URL
この記事へのトラックバック:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。